トランス型とシス型レスベラトロールの違い

レスベラトロールには分子構造の違いによって「トランス型」「シス型」の二つの種類に分けることができます。この「トランス型」「シス型」のレスベラトロールの違いで性能に違いがあるかというしつもんが多くあります。研究時には、人工的に作られたトランス型レスベラトロールを使用することが多く、どちらがどれだけ効果に差が生じるかというような比較実験は行われていません。シス型配置のレスベラトロールは、あらゆるものからの影響を受けやすい構造にあるので、実験過程で変質してしまい、比較などの結果を出すことができないのだそうです。

シス型もトランス型レスベラトロールと同様抗酸化作用があると考えられています。レスベラトロールを配合したサプリメント商品は、トランス型レスベラトロールを使用しています。サプリメントを選ぶ際にはトランス型・シス型などの違いは気にしなくても差し支えないでしょう。ただし、レスベラトロールを単体で抽出したものではなく、赤ワインエキスとしてサプリメントに配合している商品もあり、含有量ではなくおよその換算量として明記しているサプリメントも有ります。いずれの場合にもレスベラトロールが含まれていることは明らかですので、商品選びの目安にされるとよいでしょう。

トランス型・シス型の違いよりも、より体内へのレスベラトロールが吸収されやすい工夫がなされているサプリメントを選ぶこと、レスベラトロールがより効果を発揮できるように補助的に含まれている成分などを決め手にすることが大切です。

口の周りや顎にニキビが出来やすい理由は?

思春期ニキビと少し違うのは口の周りや顎に集中的に出来やすいという特徴があります。

思春期の場合はまんべんなく全体にできますが、大人ニキビの場合には特定の場所に出来やすい感じです。

デリケートな部分に出来やすかったり、また皮膚が薄いと言われているフェイスラインにできやすくなってきます。

特にオイリー肌であっても年齢とともに頬などが乾燥し易い混合肌になってきたりしますが、特に代謝が落ちやすい場所に出来やすかったりします。

また洗顔とかでは頬などは平面なので集中的に洗いやすく保湿の際も特に平面なので保湿しやすいというところなので、石鹸とかで肌を洗う時にこすりすぎたりすると代謝低下しやすいというのも関係があるかもしれません。顎や口の周りは、ホルモンバランスの影響からか生理前とかにも出来易いです。

ホルモンバランスの影響やストレスなどでは口内炎や冬だと口が切れやすかったりすると思いますが、気候やストレスや疲労などでも出来やすかったりします。

ニキビができると痛みが出るので、洗顔とかもあまり汚れとかも取りにくい感じになりやすいですので、スキンケア化粧品などの浸透が悪くなりがちです。

丁寧なケアを心がけていくのが大切ではないでしょうか。ニキビが赤くなって炎症が起きてしまっている状態だと毛穴もつまりがちでケアしづらいです。

基本的にストレスとの関係や生理前に出来やすいから食事でもビタミンCが豊富な食事というのをしていくのが大切です。水分量がすくなくなってくると肌のくすみなど新陳代謝が低下しやすくなりますし、セラミド不足による毛穴の開きも気になりやすいのではないでしょうか?

顎や口の周りは毛穴も豊富ですが皮膚がうすいので洗顔でも洗いにくい場所です。

そのため毛穴ケアはしにくいところなんですよね。また水分量を増やすためにもコラーゲンも大切ですが、ヒアルロン酸やセラミド不足を補うというのがよいでしょう。

そして表面上にある古い角質をケアしながら角質層を作っているコラーゲンとエラスチンを外部から補充していくと効果的です。

水分量が多いということは毛細血管の傷も少なく結構も良い状態を保つという上でスキンケアだけでなくお顔の表情筋なども使ってあげたりマッサージしてあげるというケアも大切になってきます。

特に生理前は交感神経が過敏になりやすく皮膚も過敏になりやすいです。しっかりとしたケアも大切ですが、低刺激で刺激につながらないケアをしていくことが口の周りや顎のニキビには大切です。

女性の育毛サロンの選び方は?

男性の抜け毛よりも複雑な原因が絡んでいる可能性があるため、どんなケアから始めるべきなのか、本当に自分に合っているケアなのか知りたいと考えている方も多いです。
女性にとって髪の毛は非常に重要な存在で、いつまでも美しさを保ち続けたいものです。
抜け毛が増え、どんどん薄くなっていく様子は本当に耐え難いもので、一刻も早く正しい処置をしたいと考えるのは当然です。
そこで、これまでに多くの薄毛に悩む女性に適したケアを実践してきた育毛サロンに通って、プロから適切な処置を施してもらいながら、セルフケアについてアドバイスをしてもらうと効率良くケアできると考えられます。

全国各地に存在している育毛サロンは、男性専用と女性専用に店舗が分かれています。
基本的に女性専用の育毛サロンではスタッフの全ては女性が対応してくれるため、安心して施術をお任せしながら相談できるメリットがあります。
育毛サロンに行くとまずはカウンセリングを実施します。
頭皮を特殊な機械を使って拡大した映像を見せてくれて、現在の頭皮状態について解説してくれます。
人によっては頭皮の毛穴にびっしりと汚れが詰まっている様子を確認できる場合や、あまりにも皮脂が多くてベタベタしている様子、頭皮が乾燥してカサカサと粉を吹いているようになっている様子等が確認できます。
普段の生活習慣についてヒアリングを行い、頭皮環境を確認した結果から最適なケア方法についてアドバイスをしてくれます。
その後育毛サロンでは一人ひとりに合った施術を実施します。
自分で正しいヘアケアを実践するのが難しいと感じていた方も、育毛サロンならプロのテクニックを持つスタッフさんが丁寧に施術を行ってくれるため安心です。
施術があまりにも気持ちよくて、つい本気で眠る方も多いです。
全ての施術が完了すると、自宅でどのようなケアを実践するべきかアドバイスをしてもらう流れになります。

敏感肌でもエイジングケアできる?

日頃から敏感肌に悩んでいるという人は少なくありません。またエイジングケアしようと思っても化粧品で敏感肌でも使用できるかどうか不安になってしまうこともあるのかもしれません。

ちょっとした刺激にもダメージを受けてしまう敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下しているため、健康な肌の人に比べて肌の老化が速くなってしまうといいます。

敏感肌の人は、エイジングケアを早めに始めることが大切です。

敏感肌とは、化粧品や洗顔料を使った時に肌に刺激を感じたり赤くなったり、衣類や髪の毛が触れることで刺激を感じるなど、普通の肌の人より過敏に反応してしまう肌のことをいいます。

敏感肌は肌表面の角層が乱れて肌のバリア機能が低下している状態です。
敏感肌の原因は、ストレスや食生活、アレルギーなどが関係していると言われており、食生活の改善やスキンケア、生活の改善などが必要であり、敏感肌の改善には期間を有します。

実際、敏感肌に悩んでいる人は多く、化粧品でも敏感肌用のものが多数販売されているのが現状です。

敏感肌の人は化粧品選びも大変で、例え敏感肌用の化粧品を使用しても自分の肌には合わないということも多くあります。
そんなことから敏感肌の人は、エイジングケアはできないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、敏感肌でもエイジングケアは可能です。

肌のバリア機能が低下していることが敏感肌の原因なのですから、肌のバリア機能を取り戻すケアが重要になってきます。
肌のバリア機能を取り戻すために欠かせない成分がセラミドです。
実はこのセラミドはエイジングケア成分としても重要な成分で、敏感肌の人のエイジングケアにはもってこいの美肌成分です。

セラミドを含んだ化粧品は敏感肌にもエイジングケアにも効果が期待できますが、セラミドと一口に言っても実はいくつもの種類があります。
最大限の効果を期待するなら、人と同じ構造のヒト型セラミドの配合されているものを選ぶのがおすすめです。
また、敏感肌の人に向けたエイジングケア用の化粧品も販売されています。
いずれにせよ、まずは自分の肌に合かどうか試してみるのが良いでしょう。

混合肌の治し方

おでこから鼻にかけてのTゾーンはべたつくのに、頬や目の周りはカサついているというように、部位によって異なった肌質を持っているのが混合肌の特徴であり、一番やっかいと言える部分になります。

普通なら肌質は均一なので、それぞれの肌の状態に合ったスキンケアをすればいいのですが、混合肌は部位によって肌の状態が違うのでどういったスキンケアをすればいいかが難しいのですね。

ですが、乾燥している部位でも皮脂の分泌が過剰になっている部位でも、要は肌の機能が正常に働いていないということが共通した原因となっています。

乾燥するのは保湿機能が低下しているからですし、皮脂が過剰分泌されるのはぼリア機能が低下してしまっているからなので、まずは肌の機能を正常化することが混合肌の改善のために必要なスキンケアとなります。肌の機能を正常にするには、細胞を活性化させてターンオーバーを促進し、新しい肌細胞を作り出していくことが一番の改善策になります。

ですので、スキンケアでは代謝を促進したり、肌の老化を引き起こす酸化を止める抗酸化作用がある成分が配合されているものを選びましょう。
ただし肌がしっかり保湿されていないと、代謝も活性化しませんし酸化も進んでしまいますから、保湿効果得られるように保湿成分が入っているかもチェックしてください。混合肌でも敏感肌の方の場合には低刺激のケアが大切ですが、敏感肌でもエイジングケアできる場合の化粧品は低刺激でもしっかり抗酸化作用が含まれる化粧品を選んでみてください。

そして改善するための一番ポイントはクレンジングで、混合肌の場合はメイクをしていなくても、Tゾーンはクレンジングをするようにしましょう。
皮脂の分泌が多いと毛穴に詰まってしまいやすくなり、黒ずみや毛穴の開きの原因になるので、毛穴の奥の汚れを取り除くことが出来るクレンジングが必須です。

また毛穴の汚れを落とすことで肌の状態を整えることが出来るので、Tゾーンはクレンジングを使って状態を改善します。
ですが頬や目の周りの乾燥している部分は逆に洗いすぎはよくないので、メイクをしていないときはクレンジングはせず、洗顔をする時も短時間にして皮脂を落としすぎないようにするというように洗顔方法を変えることが混合肌の改善に効果を発揮します。

血管年齢が老化するとどうなるの?

以前は加齢による老化が病気を引き起こしたり、代謝の低下、しわやたるみなど肌が老化する原因と考えられていましたが、今では加齢だけが原因ではないということはよく知られていることです。

体の機能が低下したり肌が老化するのは、血管年齢も大きく関わっています。
血管年齢というのは、血管の弾力など動脈硬化の度合いを目安にして血管の状態が何歳かということを表しているもので、この血管年齢が体や肌の老化を知る目安の一つになっています。

人間が老化を自覚するのは、主に体や肌に老化症状が現れた時ですが、表に現われないからといって老化が起きていないということはありません。

自分では自覚するのが難しい血管の年齢も老化に大きく関係していて、血管が老化することで体やお肌にあらゆる影響を与えるのです。
血管年齢が老化するということは動脈硬化、つまり血管の柔軟性が低下して固くなってしまってい状態になっているのですが、動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす要因となります。

生活習慣病は日本人の死因の上位に入る病気ですから、血管年齢が老化するとこのように命に関わる病気を発症するリスクが高くなるのです。ですが血管年齢が老化することで起こるのは病気だけではありません。
動脈というのは正常な状態であれば柔軟性が高く、血液の流れをスムーズにして体全体にきちんと巡らせる働きをして、栄養や酸素を運んで健康を保ってくれます。
ですが、コレステロールや中性脂肪の過剰摂取、不規則な生活習慣、飲酒や喫煙などによって血液がどろどろになると流れにくくなって血管を傷つけてしまい、傷ついた血管は固くなるため動脈硬化を起こして血管年齢が上がってしまいます。
つまり血管年齢が上がって老化していくと、血液の流れ自体が悪くなるため、肌に必要な栄養素も不足することになります。
そうなると肌のターンオーバーは低下しますし、新しい肌細胞の生成もされにくくなるので、肌の老化も引き起こされてしまうのです。
ですので肌の健康を保つには、スキンケアも大事ですが血管年齢を老化させないようにする必要もあるのです。

老けた印象を持たれたらエイジングケアしよう

見た目を一気に老けた印象にしてしまう目元のちりめんジワや法れい線、フェイスラインのたるみ、毛穴の開き、肌のくすみは女性にとって一番の大敵とも言える肌トラブルでしょう。

こういった肌の状態を改善するには、基本となるスキンケアにアンチエイジングを取り入れたエイジングケアが必須になります。
エイジングケアというのは、一言でいうと老化を遅らせるためのケアですが、そのために必要なのが酸化を防ぐこと、新陳代謝を促進すること、ターンオーバーのサイクルを正常化すること、衰えた筋力を回復させることです。しかし肌の状態など人によって違うので、敏感肌や乾燥肌などいろいろなケースがあります。また脂性肌から混合肌になってきた場合の改善方法など、混合肌の治し方のページを見てみると参考になるでしょう。

そして、肌質を改善しながら肌質に合ったこれらの化粧品の効果を得ることが出来る美容成分を取り入れたスキンケアをしたり、マッサージやエクササイズなどで筋力を鍛えるというのが一般的なエイジングケアとされています。

もちろんスキンケアはエイジングケアに必要なことで、美容成分を取り入れなければ新陳代謝やターンオーバーは回復されませんし、紫外線などによって酸化が進んでしまいます。

マッサージやエクササイズをしないと筋力はどんどん低下していきますから、これらもエイジングケアには欠かせません。

ですので、化粧品を使用したりマッサージをしたり、エクササイズなど種類も豊富なので、自分に合ったエイジングケア方法を実践していくのが大切ですが、まずはどれが自分に合うのかじっくり検証してみてください。ですがもう一つ大切なのが、エイジングケアのためには血管年齢を若返らせることです。

血管年齢が高くなるということはそれだけ動脈硬化が進行していることになるのですが、動脈硬化が進むと血液の流れが停滞してしまって酸素や栄養が不足するため、代謝やターンオーバーは整いませんし、酸化や筋力の低下が進行してしまいます

ですが血液の流れがスムーズだったら、栄養や酸素がたっぷりと運ばれるので肌機能が活性化されて肌細胞の分裂を促進し、新陳代謝やターンオーバーは活性されますし、酸化しやすい状態でも活性酸素を除去することができます。
また筋力をつけるためにも栄養が必要なので、ここでも血管年齢というのはエイジングケアに大きく関わってきます。
つまりエイジングケアの3本柱は、スキンケアと筋力アップの運動、そして血管年齢を若返らせることがとても大切なのですね。

アトピーの方が使ってはいけない育毛の製品は?

肌にアトピーの疾患を抱えている場合にまずはステロイド薬を用いて炎症を抑える事になるのですが、頭皮に炎症がある場合は抜け毛が生じることもありますので、抜け毛も含め双方の面からケアを行う必要があります。
ただ様々なケア製品がある中では含まれている配合物の関係で併用が出来ない場合もあれば、肌の状態により使用できない製品もあるのですが、アトピーの人が使ってはいけない育毛商品の成分にはどのような物が挙げられるのでしょうか。

まず一般的な育毛商品は基本的に低刺激性になっていますので肌に優しい場合が多く、炎症がある頭皮に使用した場合でも大きなリスクがあるわけではありません。
ただ低刺激性といっても髪や肌に付いた汚れを落とすための洗浄剤は配合されていますので、洗浄力が高いことを売りにしている製品は過度に皮脂を落として肌を乾燥させたり肌に直接刺激を与えることもありますので、アトピーの人が使ってはいけない成分となります。

続いて気をつけたい育毛商品の成分としてはアルコール系の添加物が挙げられます。
アルコールは肌を殺菌すると共に皮脂を取り除く作用がありますので、配合されていた場合には頭皮を清潔にして頭皮環境を守ることができます。
ただアルコールは人により耐性があるか無いかは分かれることになり、お酒として飲んだときに少量でもすぐに酔ったり気持ち悪くなる方の場合は、頭皮への塗布もまた避けなければなりません。
よく飲酒が適しているか判断するためのテストとしてパッチテストが行われますが、アルコールを皮膚に塗布すると真っ赤に腫れあがることがありますので、それと同じことを炎症を起こした頭皮に行えばさらに状態が悪化することは容易に想像が付くことになります。

ただ配合物を見る際にはアルコールと記載がなくても、プロピレングリコールなどのように他の名称で記載されていることもありますので注意が必要で、このあたりもまたアトピーの人が使ってはいけない育毛商品の成分になります。体が乾燥しやすい方とかは、頭皮のシャンプーもそうですが、育毛剤なども刺激の少ないのを選ぶようにしていきましょう。アルコールの配合量が多いとどうしても刺激になりやすいので、刺激とならない製品を使っていくと良いと思います。また普段も入浴剤などシンプルな保湿作用のあるポカポカしやすい入浴剤を使用すると良いかもしれません。たまにはゆっくり湯銭に浸かって入浴剤を活用し薄い毛髪の毛幹の毛乳頭細胞を刺激するというのも良いかもしれません。頭皮ケアをする際でも体全体をケアしていく方が効果も出やすいのでおすすめです。